経済専攻 経済理論コース

【経済理論】

−概 要−
現実の経済はあまりにも複雑で歴史的にも多様であり,抽象化することなしに理解することは不可能です。経済理論の目的は,一見すると混沌とした経済現象の背後に基本的な構造関係や本質的な因果関係を見いだすための分析的な枠組を与えることです。経済理論コースでは,本研究科の学生が自分の研究に取り組む前に現代経済学の基本知識を獲得していくように,修士課程の学生に向けてミクロ経済学,マクロ経済学,計量経済学の基礎的な講義を提供しています。また,本コースの学生のためには,一般均衡理論,ゲーム理論,契約理論,実証マクロ経済学,マクロ経済動学などの先端的な分野を教える講義を用意しています。また,経済学研究科の輝かしき伝統は,競合するさまざまなアプローチに対して開かれた場であるということです。経済理論コースでは,同時に,マルクス経済学にもとづくコースも多く用意しています。経済原論,経済学方法論,政治経済学,経済人類学などがそれにあたります。本コースに属する学生は,多くの場合,この二つのアプローチのどちらかを集中的に学ぶことになります。

(五十音順)
教員名 現在の研究分野 教員名 現在の研究分野
青木浩介 教授 マクロ経済学 神取道宏 教授 ミクロ経済学,ゲーム理論
中嶋智之 教授   野原慎司 講師 経済学史
松島 斉 教授 ゲーム理論,情報の経済学,
ミクロ経済学,実験経済学,
金融制度理論
渡辺 努 教授 マクロ経済学,国際金融,
企業金融
◆ 総合文化研究科
教員名 現在の研究分野
丸山真人 教授 経済人類学,エコロジー経済学
◆ 社会科学研究所
教員名 現在の研究分野
大瀧雅之 教授 1 ミクロ理論によるケインズ経済学の動学的基礎付け
2 埋没費用投資と内生的成長理論:
一つの最適所得分配政策
3 環境経済学
 
トップページ