福田 慎一

福田 慎一

教員名 / 職名

福田 慎一 FUKUDA, Shin-ichi / 教授

教員個人ホームページ

 

E-mail

sfukuda@e.u-tokyo.ac.jp

略歴

昭和59年3月 東京大学経済学部経済学科卒業
平成元年8月 イェール大学大学院経済学部博士課程修了
平成元年9月 東京大学大学院経済学研究科第2種博士課程退学
平成10年1月 東京大学大学院経済学研究科助教授
平成元年12月 Ph.D.(イェール大学)
平成8年4月 東京大学大学院経済学研究科助教授
平成13年12月 同 教授

現在の研究分野

マクロ経済学、国際金融、金融

研究課題

マクロ経済学、国際金融、金融の3つの分野を中心に研究を行っている。マクロ経済学の分野では、貨幣経済モデルの動学的な側面に焦点を当て、その金融政策へのインプリケーションを考察している。国際金融の分野では、世界の短期金融市場や、東アジアの通貨制度や円の国際化の問題を研究している。金融の分野では、金融危機の諸問題や日本の金融市場の特徴を取り上げ、そのメカニズムを日本のデータを用いて実証的に分析している。

研究業績

著書

  • (1) 『価格変動のマクロ経済学』東京大学出版会、1995年6月。
  • (2) 『入門・マクロ経済学』(照山博司との共著)有斐閣、初版1996年11月(第2版、2001年4月、第3版、2005年4月、第4版、2011年4月、第5版、2016年3月)。
  • (3) 『演習式 マクロ経済学・入門』(照山博司との共著)有斐閣、2009年9月(補訂版2013年12月)。
  • (4) 『金融論 市場と経済政策の有効性』有斐閣、2013年4月(新版、2020年3月)。
  • (5) 『「失われた20年」を超えて (世界のなかの日本経済:不確実性を超えて)』NTT出版、2015年7月。
  • (6) 『21世紀の長期停滞論: 日本の「実感なき景気回復」を探る』(平凡社新書) 2018年1月。

編著

  • (1) 浅子和美・福田慎一・吉野直行編『現代マクロ経済分析』、東京大学出版会、1997年9月。
  • (2) 福田慎一・堀内昭義・岩田一政編『マクロ経済と金融システム』、東京大学出版会、2000年2月。
  • (3) 井堀利宏・岡田章・伴金美・福田慎一編『現代経済学の潮流2001』、東洋経済新報社、2001年10月。
  • (4) 大塚啓二郎・中山幹夫・福田慎一・本多佑三編『現代経済学の潮流2002』、東洋経済新報社、2002年10月。
  • (5) 福田慎一編著『日本の長期金融』、有斐閣、2003年3月。
  • (6) 浅子和美・福田慎一編『景気循環と景気予測』東京大学出版会、2003年7月。
  • (7) 小野善康・中山幹夫・福田慎一・本多佑三編『現代経済学の潮流2003』、東洋経済新報社、2003年12月。
  • (8) 西村和雄・福田慎一編『非線形均衡動学』東京大学出版会、2004年7月。
  • (9) 福田慎一・粕谷宗久編『日本経済の構造変化と経済予測』東京大学出版会、2004年9月。
  • (10) 福田慎一・小川英治編『国際金融システムの制度設計』東京大学出版会、2006年2月。
  • (11) 寺西重郎・福田慎一・奥田英信・三重野文晴編著、『アジアの経済発展と金融システム:東北アジア編』、東洋経済新報社、2007年3月。
  • (12) 寺西重郎・福田慎一・奥田英信・三重野文晴編著、『アジアの経済発展と金融システム:東南アジア編』、東洋経済新報社、2008年4月。
  • (13) 櫻川昌哉・福田慎一編著『なぜ金融危機は起こるのか: 金融経済研究のフロンティア』、東洋経済新報社、2013年2月。
  • (14) 福田慎一編『金融システムの制度設計 -- 停滞を乗り越える,歴史的,現代的,国際的視点からの考察』、有斐閣、2017年11月。
  • (15) 福田慎一編『検証 アベノミクス「新三本の矢」: 成長戦略による構造改革への期待と課題』、東京大学出版会、2018年6月。
  • (16) 福田慎一編『技術進歩と日本経済』、東京大学出版会、2020年8月。

論文 - 2016年以降の研究業績

  • (1) “On the Predictability of Daytime and Nighttime Yen/Dollar Exchange Rates,” Applied Economics Letters Volume 23, Issue 9, pp.618-622, (2016).
  • (2) “Unconventional Monetary Policy and its External Effects: Evidence from Japan’s Exports,” The Developing Economies Volume 54, Issue 1, pp.59-79, (March 2016) (with Tsutomu Doita).
  • (3) “Regional Liquidity Risk and Covered Interest Parity during the Global Financial Crisis: Evidence from Tokyo, London, and New York,” International Economic Journal, Volume 30, Issue 3, pp.339-359, (August 2016).
  • (4) “Strong Sterling Pound and Weak European Currencies in the Crises: Evidence from Covered Interest Parity of Secured Rates” Journal of the Japanese and International Economies 42, pp. 109-12, (2016).
  • (5) 「長期停滞懸念下におけるマクロ経済:最近の議論のオーバービューと日本経済への含意」内閣府経済社会総合研究所『経済分析』(平成29年3月、第193号)、pp.5-19、(2017年)。
  • (6) “Monetary Policy and Covered Interest Parity in the Post GFC Period: Evidence from the Australian Dollar and the NZ Dollar,” Journal of International Money and Finance, Volume 74, pp.301–317, (June 2017).
  • (7) “The Impacts of Emerging Asia on Global Financial Markets,” Emerging Markets Finance and Trade, Volume 53 (12), pp. 2725-2743, (September 2017) (with Mariko Tanaka).
  • (8) 「企業家精神と設備投資 ―デフレ下の設備投資低迷のもう一つの説明―」、査読無、『フィナンシャル・レビュー』通巻第132号(平成29年第4号)、pp.109-129、2017年10(粕谷宗久・慶田昌之との共著) (Shin-ichi Fukuda, Munehisa Kasuya, and Masayuki Keida, Entrepreneurship and capital investment: another explanation for the slump in capital investment under deflation, Public Policy Review, Vol. 14, No. 3, pp.489-510, July 2018)。
  • (9) 「企業の資金余剰と現預金の保有行動」、『フィナンシャル・レビュー』通巻第132号(平成29年第4号)、pp.3-26、2017年10月 (Companies’ Financial Surpluses and Cash/Deposit Holdings, Public Policy Review, Vol. 14, No. 3, pp.369-395, July 2018)。
  • (10) 「人口減少がマクロ経済成長に与える影響–経済成長理論からの視点–」内閣府経済社会総合研究所『経済分析』(平成29年12月、第196号)、pp.9-27、(2017年)。
  • (11) “The Impacts of Japan’s Negative Interest Rate Policy on Asian Financial Markets,” Pacific Economic Review, Volume 23, Issue 1, pp. 67-79, (February 2018).
  • (12) “The Role of Corporate Governance in Japanese Unlisted Companies,” Japan and the World Economy, Volume 47, Pages 27-39, (September 2018) (with Munehisa Kasuya and Jouchi Nakajima).
  • (13) 「異次元の金融政策と新興国経済」、『フィナンシャル・レビュー』通巻第137号(平成31年第2号)、pp.4-22、(2019年3月)(The Effects of Japan’s Unconventional Monetary Policy on Asian Stock Markets, Public Policy Review, Vol. 15, No. 1, pp.1-19, July 2019)。
  • (14) 「アジア新興国が国際金融市場に与えるインパクトについて」、『フィナンシャル・レビュー』通巻第137号(平成31年第2号)、pp.137-155、2019年3月(田中茉莉子との共著)(Spillover Effects of Asian Financial Markets on the Global Markets, Public Policy Review, Vol. 15, No. 1, pp.151-174, July 2019).
  • (15) “Inflation target and anchor of inflation forecasts in Japan,” Journal of the Japanese and International Economies, Volume 52, Pages 154-170, (June 2019) (with Naoto Soma).
  • (16) “Financial Spillovers in Asian Emerging Economies,” Asian Development Review, Vol. 37, No. 1, pp. 93–118, (March 2020) (with Mariko Tanaka).
  • (17) 「人口減少社会・高齢化と地域間の資金フロー」『証券アナリストジャーナル』第58巻第4号, pp.16-27(2020年4月)。
  • (18) “Regional Convergence under Declining Population: The Case of Japan,” Japan and the World Economy, Volume 55, Article 101023, (September 2020) (with Koki Okumura).

論文 - 2015年以前の主要業績

  • (1) “What Role Has the 'Main Bank' Played in Japan?” Journal of Japanese and International Economies, 2, (1988) (With Akiyoshi Horiuchi and Frank Packer) pp.159-180.
  • (2) “Some International Evidence on Inventory Fluctuations” Economics Letters Volume 28, Issue 3, pp.225- 230, (1988) (with Hiroshi Teruyama).
  • (3) “Monetary and Fiscal Policies under Two Alternative Types of Rules” Journal of Economic Dynamics and Control 13, pp.401-420, (1989).
  • (4) “Exchange Market Intervention under Multiple Solutions: Should We Rule Out the Multiple Solutions?” Journal of Economic Dynamics and Control, 15, pp.339-353, (1991).
  • (5) “Seasonality of Interest Rates in Japan,” Japan and the World Economy 4, pp.201- 213, (1992) (with Chih-Shen Shao).
  • (6) “Why does the Two-Party System Exist?: A New Economic Explanation,” Economics and Politics 4, pp.277-287, (1992).
  • (7) “Informational Advantage, Exogenous Variability, and Economic Welfare: Can Informational Advantage of Policymaker Reduce Welfare?” Journal of Macroeconomics 15, pp.349- 363, (1993).
  • (8) “International Transmissions of Monetary and Fiscal Policies: A Symmetric N Country Analysis with Union,” Journal of Economic Dynamics and Control, 17, pp.589-620, (1993).
  • (9) “The Emergence of Equilibrium Cycles in a Monetary Economy with a Separable Utility Function,” Journal of Monetary Economics, 32, pp.321-334, (1993).
  • (10) “On the Choice of Invoice Currency: The PTM Approach,” Journal of Japanese and   International Economies, 8, pp.511-529, (1994) (with Ji Cong).
  • (11) “The Role of Monetary Policy in Eliminating Non-Convergent Dynamic Paths,” International Economic Review 38, pp.249-261, (1997).
  • (12) “International Price Linkage within a Region: The Case of East Asia,” Journal of the Japanese and International Economies 11, pp.643-666 , (1997) (with Takashi Kano).
  • (13) “Sunspot Equilibria and Periodic Cycles Under Idiosyncratic Uncertainty,” Journal of Economic Behavior and Organization 36, pp.127-138, (1998).
  • (14) “Determinants of Long-term Loans: A Theory and Empirical Evidence in Japan,” Journal of Multinational Financial Management 8, pp.113-135, (1998) (with Ji Cong and Akihiro Nakmura).
  • (15) “A New Composite Index of Coincident Economic Indicators in Japan: How Can We Improve Forecast Performances?” International Journal of Forecasting, 17, pp.483-498, (2001) (with Takashi Onodera).
  • (16) “Extraneous Shocks and International Linkage of Business Cycles in a Two-Country Monetary Model,” Journal of Economic Behavior and Organization, 54, pp.389-409, (2004).
  • (17) “The Impacts of “Shock Therapy” under a Banking Crisis: Experiences from Three Large Bank Failures in Japan” Japanese Economic Review, Volume 57, No.2, pp.232-246, (June 2006) (with Satoshi Koibuchi).
  • (18) “On the Determinants of Exporters’ Currency Pricing: History vs. Expectations” Journal of the Japanese and International Economies, Volume 18, No.4, pp.548-568 (Also available as NBER Working Paper No. 12432), (December 2006) (with Masanori Ono).
  • (19) “The Impacts of “Shock Therapy” on Large and Small Clients: Experiences from Two Large Bank Failures in Japan,” Pacific-Basin Finance Journal, Volume 15, Issue 5, pp.434-451, (November 2007) (with Satoshi Koibuchi).
  • (20) “Knightian Uncertainty and Poverty Trap in a Model of Economic Growth” Review of Economic Dynamics, Volume 11, Issue 3, pp. 652-663, (July 2008).
  • (21) “Impaired Bank Health and Default Risk” Pacific-Basin Finance Journal, Volume 17, Issue 2, pp.145-162, (2009) (with Munehisa Kasuya and Kentaro Akashi).
  • (22) “Why Did “Zombie” Firms Recover in Japan?” The World Economy, 34(7), pp.1124-1137, (July 2011), (with Junichi Nakamura).
  • (23) “Stock Price Targeting and Fiscal Deficit in Japan: Why Did the Fiscal Deficit Increase during Japan’s Lost Decades?” Journal of the Japanese and International Economies, 25(4), pp.447-464, (December 2011), (with Junji Yamada).
  • (24) “Market-specific and Currency-specific Risk during the Global Financial Crisis: Evidence from the Interbank Markets in Tokyo and London,” Journal of Banking and Finance. Volume 36, Issue 12, pp. 3185-3196, (December 2012).
  • (25) “Abenomics: Why was it so successful in changing market expectations?” Journal of the Japanese and International Economies, 37, pp.1-20, (September 2015).

学会活動・受賞等

所属学会

  • 日本経済学会
  • 日本金融学会
  • 行動経済学会
  • 景気循環学会
  • 法と経済学会

科学研究費・各種のプロジェクトによる研究(2010年度以降)

  • 科学研究費基盤研究(B)「ポスト失われた10年の日本経済の理論的・実証的研究」2008年度~2012年度、研究代表者。
  • 科学研究費補助金挑戦的萌芽研究「政策当局の行動原理に関する理論的・実証的分析」2012年度~2014年度、研究代表者。
  • 科学研究費補助金挑戦的萌芽研究「「時差」が国際金融取引に与える影響の理論的・実証的分析」2015年度~2016年度、研究代表者。
  • 科学研究費基盤研究(B)「アベノミクスと日本経済の理論的・実証的分析」2014年度~2017年度、研究代表者。
  • 日本学術振興会二国間交流事業「少子高齢化社会における移民政策の経済的影響」2016年年度~2017年度、研究代表者。
  • 科学研究費補助金挑戦的研究(萌芽)「国際的地域間の時間差が資産価格形成に与える影響」2017年度~2020年度、研究代表者。
  • 科学研究費基盤研究(B)「少子高齢化や新しい技術の進歩の下での経済成長に関する理論的・実証的分析」2019年度~2022年度、研究代表者。
  • 科学研究費補助金挑戦的研究(萌芽)「金融の技術革新「フィンテック」による新しい機能、リスク、および制度設計」2020年度~2022年度、研究代表者。

受賞等

  • 第38回日経・経済図書文化賞(1995年)。
  • 第2回景気循環学会中原奨励賞(2008年)。
  • 第4回日本経済学会石川賞(2009年)。
  • 第19回全国銀行学術研究振興財団・財団賞(2012年) 。

その他

  • Journal of the Japanese and International Economies(Chief-in-editor, 2013- )
  • Japan and the World Economy(Chief-in-editor, 2018- )