トップページへ

学生サポートルームとは?

学生サポートルームは、経済学研究科・経済学部の学生が様々なことを無料で相談できる場所です。

●学生サポートルームはどんなところですか?
学生サポートルームは、経済学研究科・経済学部の皆さんが、学生生活を送る上で困ったことや、疑問に思ったことを、幅広く相談できる場所です。
相談には、臨床心理士が対応しますが、日常生活の悩みから、対人関係、心身健康、学業や進路についての相談まで、広くお応えできるよう、教員・事務職員とも協力を行いながら、皆さんの学生生活をサポートします。
ぜひお気軽にお立ち寄りください。

●誰が利用できるのですか?
学生サポートルームを利用できるのは、経済学研究科・経済学部の学生、および教職員の皆さんです。
ひとりでの相談はもちろん、ご家族やご友人と一緒に来ていただくことも可能です。

●どんなことができるのですか?
<心理相談>
学生サポートルームには臨床心理士という臨床心理学に基づく専門職が常時2名おります。まずは臨床心理士がお話をおうかがいし、一緒に問題状況を整理し、解決策を考えていきます。
<紹介>
ご相談の内容に応じ、より適切な機関や窓口、教員をご紹介することもあります。
<心理テスト>
自分について考えるためのヒントとなるような様々な心理テストも用意しています。

●どんな相談ができますか?
<対人関係>
「友人とのトラブル」「指導教員とうまくいかない」など、対人関係に関する相談をお受けしています。
<心身の健康>
「やる気が起きない」「眠れない」など、心身・健康面での悩みについてもご相談ください。
<進路・学業>
「進学か就職か」といった進路選択の迷いや、自己分析、「勉強に集中できない」などの学業上の相談も受け付けています。
<就職相談>
「どんなふうに自己アピールすればいいの?」「面接が不安」など就職活動にまつわる相談をお受けしています。模擬面接やエントリーシートの添削などのご要望にも応じています。
<その他>
どんな悩みでもお気軽にご相談ください。「このような問題はどこに相談に行けばわからない」といった場合も、適切な相談機関をご紹介できることがあります。


トップページ