東京大学経済学部創立百周年記念第5回講演会

Faculty of Economics, The University of Tokyo

Lecture Series for Centennial Anniversary No.5

Is the Phillips Curve Getting Flatter?

  http://www.centralbank.e.u-tokyo.ac.jp/wp-content/uploads/2019/11/Emi-Nakamura.jpg

By Prof. Emi Nakamura

Chancellor’s Professor of Economics, University of California at Berkeley

Thursday, February 20, 2020 | 3:00 – 5:20 PM

Classroom No.5, International Academic Research Building B1F,

The University of Tokyo map

 

Lecture3:00-4:20
Title: “Is the Phillips Curve Getting Flatter?”
Lecturer: Prof. Emi Nakamura (University of California at Berkeley)

 

Panel Discussion4:20-5:20

Title: “Monetary Policy and Inflation Dynamics in Japan and the U.S.“

Panelists: Prof. Emi Nakamura, Dr. Toshitaka Sekine (Bank of Japan),

Dr. Naohiko Baba (Goldman Sachs)

Moderator: Tsutomu Watanabe (The University of Tokyo)

If you would like to join this event, please apply here
by January 20th, 2020.

 

The participation is free. The deadline is January 20th, 2020, 5:00PM (JST)

Host: Faculty of Economics, The University of Tokyo
Co-organized by: Japanese Economic Association (JEA), Nikkei Inc.,
Mizuho Financial Group Corporate Sponsored Research Programs “The Risk Management of Financial Institutions”, Center for Advanced Research in Finance (CARF), Center for International Research on the Japanese Economy (CIRJE)
Supported by: Japan Center for Economic Research (JCER)

We will send an invitation by email after Thursday, January 30th, 2020. Please print it out and present it at the event. Please note that places are limited and will be allocated by lot, if we receive more applications than the seats available.

If you have any special requirements in order to fully participate, please email us when you apply.

English−Japanese Sign Language Interpretation will be provided.

 

 

ABOUT EMI NAKAMURA

Emi Nakamura is the Chancellor’s Professor of Economics in the Berkeley Economics department. Her research focuses on monetary and fiscal policy, business cycles and macroeconomic measurement. She is a co-editor of the American Economic Review, a member of the American Academy of Arts and Sciences and co-director of the Monetary Economics program at the National Bureau of Economic Research. She serves on the Congressional Budget Office’s Panel of Economic Advisers and the American Economic Association Committee on National Statistics. She is a recipient of the John Bates Clark medal, the Elaine Bennett Research Prize, the NSF Career Grant, and the Sloan Research Fellowship. She holds a Ph.D. from Harvard University and an A.B. from Princeton University, and taught at the Columbia economics department and business school before joining the Berkeley economics department in 2018.

 

Contact

Secretariat for the Emi Nakamura Lecture

emi_nakamura_lecture@e.u-tokyo.ac.jp

 





東京大学経済学部創立百周年記念第5回講演会のお知らせ

 

令和元年12

東京大学大学院経済学研究科・経済学部

 

東京大学経済学部は平成 312019)年4月に創立百周年を迎えました。私たちは、記念事業のひとつとして、本学部の財務的基盤をより強固なものとするために、平成292月より本学部卒業生、在学生の保護者、趣旨にご賛同いただける皆様、さらに広く経済界からご寄附を募って、東京大学経済学部創立百周年記念基金「次の百年基金」を設け広くご支援を募っております。(詳しくは、東京大学大学院経済学研究科・経済学部ホームページ「次の百年基金へのご寄附」URL http://www.e.u-tokyo.ac.jp/centenary.htmlをご覧下さい)。皆様のご理解・ご協力を心からお願いいたします。

私たちは、基金を学部・研究科の研究・教育・アーカイブの発展・整備のために有効に使わせていただくつもりですが、基金に基づく活動を学部内に閉じられたものではなく、卒業生や広く社会にも還元できる開かれたものにしたいと考えております。そこで、令和22月に第5回記念講演会を開催することにいたしました。

 

講師は、米カリフォルニア大学バークレー校のEmi Nakamura教授です。Emi Nakamura教授はマクロ経済学の分野における若手研究者のリーダーであり、40歳以下の米国の経済学者を対象とした「ジョン・ベーツ・クラーク賞」を2019年に受賞されました。今回の講演のタイトルは、"Is the Phillips Curve Getting Flatter?"であり、失業率が低下しても物価が上がらない現象に関する同教授の最新の研究成果をもとに、ご講演いただきます。講演に続き、同教授を囲んで日本の金融政策に関するパネルディスカッションを行います。パネリストは、Nakamura教授に加え、関根敏隆氏(日本銀行金融研究所長)、馬場直彦氏(ゴールドマン・サックス証券日本経済担当チーフエコノミスト)を予定しており、モデレータは、大学院経済学研究科長・経済学部長の渡辺努が務めさせていただきます。多くの皆様のお越しをお待ちしております。

 

 

日時:令和22020)年220日(木)3:00 – 5:20 PM
場所:東京大学国際学術総合研究棟B1F5教室 map
 講演(3:00-4:20PM
  タイトル:"Is the Phillips Curve Getting Flatter?"
  講師: Emi Nakamura教授(米カリフォルニア大学バークレー校教授)
 パネルディスカッション(4:20-5:20 PM
  タイトル:「日米の物価と金融政策を展望する」
  パネリスト:Emi Nakamura教授

関根敏隆氏(日本銀行金融研究所長)

馬場直彦氏(ゴールドマン・サックス証券日本経済担当チーフエコノミスト)

モデレータ:渡辺努(東京大学大学院経済学研究科長・経済学部長)
言語:講演・パネルディスカッション共に英語のみ(同時通訳なし)
主催:東京大学経済学部
共催:一般社団法人日本経済学会

株式会社日本経済新聞社

株式会社みずほフィナンシャルグループ寄付講座『金融機関のリスクマネジメント』

東京大学金融教育研究センター

東京大学日本経済国際共同研究センター
後援:公益社団法人日本経済研究センター

参加方法:こちらからお申し込みください。

 

2020120 5:00PM 締切りとなっております。
※応募多数の場合は抽選を行いますので予めご了承ください。

事務局より130日(木)以降に参加証を送付させていただきますので当日は印刷の上、お持ちください。

※障害等のため、設備、情報保障等の配慮が必要な場合は、申込時に申し出てください。

※英語―日本手話通訳が付きます。


お問い合わせ先
Emi Nakamura
教授講演会事務局
emi_nakamura_lecture@e.u-tokyo.ac.jp




トップページ