English
教員名 教員個人ホームページ
野原 慎司  NOHARA, Shinji  
オフィス E-mail
〒113-0033 文京区本郷7-3-1
東京大学大学院経済学研究科
nohara at e.u-tokyo.ac.jp
※atを@(半角)に置き換えてください
略歴
平成 16年 3月  京都大学経済学部経済学科卒業
平成 18年 3月  京都大学大学院経済学研究科経済システム分析専攻修士課程修了
平成 22年 9月  京都大学大学院経済学研究科経済システム分析専攻博士後期課程 研究指導認定退学
平成 24年 3月  京都大学大学院経済学研究科経済システム分析専攻博士後期課程修了 京都大学博士(経済学)
平成 26年 4月  東京大学大学院経済学研究科講師
 
現在の研究分野
経済学史
 
研究課題と研究経過
 アダム・スミスに焦点を置きつつ,経済学の起源を探求することを通じて,既存の経済理論の位置づけを問い直すことが主たる研究課題である。その探求には,経済学の学問としての成立後は「自明化」してしまう見えざる経済学の諸前提の追求が含まれる。例えば,経済理論と統治システムの関係,経済理論における欲望観がそれに当たる。特に,アダム・スミスにおける経済学における「市場」という考えの創出,およびそれが前提とする経済社会と政治社会の分離の認識の出現につき,その起源と形成過程を探ることに研究上の力点を置いている。