English
林 正義  HAYASHI, Masayoshi
研究業績
研究業績(1)(2010年以降の研究業績)
<著書・編著>
『財政学をつかむ【新版】』(畑農鋭也, 吉田浩と共著)有斐閣, 2015.
『トピックス応用経済学U: 公共政策・財政・産業組織』(青木玲子, 大住圭介,田中廣滋と共編)勁草書房, 2015.
『公共経済学』(小川光,別所俊一郎と共著)有斐閣,2010.

<論文>
“Information Sharing, Neighborhood Demarcation, and Yardstick Competition: An Empirical Analysis of Intergovernmental Expenditure Interaction in Japan,” (with W. Yamamoto) International Tax and Public Finance, forthcoming.
「地方公務員人件費の決定要因と市町村の相互参照行動: 市町村別類似団体区分と財政比較分析表を手がかりに」(山本航と共著)『公共選択』(65), 73-92, 2016.
“Should the Japanese Tax System Be More Progressive? An Evaluation Using the Simulated SMCFs Based on the Discrete Choice Model of Labor Supply,” (with S. Bessho) International Tax and Public Finance 22(1), 144-175, 2015.
“Intensive Margins, Extensive Margins, and the Spousal Allowances in the Japanese System of Personal Income Taxes: A Discrete Choice Analysis,” (with S. Bessho) Journal of the Japanese and International Economies 34, 162-178, 2014.
「子供の費用と生活保護基準」(浅野北斗と共著)『季刊社会保障研究』50(1/2), 137-153, 2014.
“Book Review: The Political Economy of Transnational Tax Reform: The Shoup Mission to Japan in Historical Context (Brownlee, W.E., Ide, E., Fukagai, Y., Eds.),” Economic History Review 67(4), 1192-1193, 2014.
“Forecasting Welfare Caseloads: The Case of Public Assistance Programs in Japan,” Socio-Economic Planning Sciences: The International Journal of Public Sector Decision-Making 48(2), 105-114, 2014.
“Estimating the Social Marginal Cost of Public Funds: A Micro-data Approach,” (with S. Bessho), Public Finance Review 41(3), 360-385, 2013.
“Regional Equalization and Stabilization in the Japanese System of National Health Insurance,” Public Policy Review 9(1), 33-50, 2013.
「地方は生活保護をどのように実施してきたか: 生活保護費に関する関係者協議会における議論をめぐって」井堀利宏・金子能宏・野口晴子(編) 『新たなリスクと社会保障: ライフサイクルにおける支援策の再構築』東京大学出版会, 273-291, 2012.
「市町村国民健康保険における保険料の平準化要因」(半間清崇と共著) 『フィナンシャル・レビュー』(108), 2012.
“The Effects of Medical Factors on Transfer Deficits in Public Assistance in Japan: A Quantile Regression Analysis,” International Journal of Health Care Finance and Economics 11(4), 287-307, 2011.
“Labor Supply Response and Preferences Specification: Estimates for Prime-Age Males in Japan,” (with S. Bessho), Journal of Asian Economics 22(5), 398-411, 2011.
「一般財源化と高齢化は就学援助制度にどのような影響を与えたのか」(小林庸平と共著)『財政研究』7, 160-175, 2011.
“Social Protection in Japan: Current State and Challenges,” In: Asher, M. G. Oum, S, Parulian, F. (Eds.) Social Protection in East Asia: Current State and Challenges (Economic Research Institute for ASEAN and East Asia, Jakarta) 19-54, 2010.
“Redistribution and Local Public Finance,” Public Policy Review 6(1), 31-54, 2010.
「出向官僚と地方歳出: 90年代後半の地方単独事業をめぐって」(金戸伸幸と共著)『公共選択の研究』(54), 29-40, 2010.
「生活保護と地方行財政の現状: 市単位データを中心とした分析」『経済のプリズム』(78), 1-30, 2010.
「公共支出は労働供給に影響するか」(別所俊一郎と共著)『経済政策ジャーナル』7(1), 18-31, 2010.

<その他依頼論文・論評>
「社会保障分野における地方単独事業: 2013年度決算統計を用いた簡単な分析」『地方財政』55(4), 4-14, 2016.
「社会保障行政にかかる地方公務員数の動向」『租税研究』(796), 68-77, 2016.
「最適課税論: 消費における単一税率をめぐって」In: 青木玲子, 大住圭介,田中廣滋, 林正義 (編)『トピックス応用経済学U: 公共政策・財政・産業組織』勁草書房, 77-94, 2015.
「介護保険財政の仕組みと現状」『租税研究』(772), 39-48, 2015.
「配偶者控除と女性の就労」『地方税』2015年7月号, 2-9, 2015.
「これからの社会資本整備(公共投資)のあり方」『RICE Monthly: 研究所だより』 (312), 2015.
「配偶者控除の縮小と女性の就労拡大」『税務弘報』62(7), 2-3, 2014.
「財政力格差と留保財源率」『地方財政』52(12), 14-22, 2013.
「政府の役割: 所得税,消費税の公平性を決める」『エコノミスト』臨時増刊12/23号, 38-40, 2013.
「市町村国保財政の仕組みと現状」『租税研究』(765), 26-36, 2013.
「社会保障・税の一体改革: 地方財政と社会保障」『神奈川のこくほ・かいご』363, 3-5, 2013.
「社会保障・税の一体改革: 社会保障の限界と消費増税」『神奈川のこくほ・かいご』362, 4-6, 2013.
「貧困・格差対策: 社会的セーフティーネットの執行機関の統合を」『社会保障の新たな制度設計にむけて』21世紀政策研究所, 95-123, 2012.
「社会保障・税一体改革と地方財政: 消費税増税の配分をめぐって」『税経通信』67(8), 25-34, 2012.
「なぜ消費税が望ましいのか?」『経済セミナー』4/5月号, 40-45, 2012.
「社会的セーフティーネットの現状について」『租税研究』(748), 72-90, 2012.
「地方財政と社会保障改革」『地方財政』50(10), 4-12, 2011.
「少子・高齢化社会における持続可能な社会保障制度改革(座談会)」 『租税研究』(736), 8-43, 2011.
「生活保護と地方財政」『租税研究』(735), 7-20, 2011.
「日本における財政・社会保障の課題」貝塚啓明・財務省財務総合政策研究所(編)『経済成長と財政健全化の研究: 持続可能な長期戦略を求めて』中央経済社, 221-250, 2010.
「社会保障財源としての地方税改革の可能性」『税務弘報』58(10), 115-121, 2010.
「地方分権と社会福祉」芳賀祥泰(編)『福祉の学校』エルダーサービス, 33-51, 2010.
「地方財源の充実と税源移譲の論点」『都市問題研究』62(1), 79-93, 2010.

研究業績(2)
(2000-2009年の研究業績)
<著書・編著>
『生活保護の経済分析』(阿部彩,國枝繁樹,鈴木亘と共著)東京大学出版会, 2008.
『財政学をつかむ』(畑農鋭矢,吉田浩と共著)有斐閣, 2008.
「特集: 政府間財政関係の経済分析」『フィナンシャル・レビュー』(82), 2006.(責任編集および,赤井伸郎,小川光,佐藤主光,土居丈朗,西川雅史,松本睦と執筆分担)
『主要諸外国における国と地方の財政役割の状況(全3分冊)』財務総合政策研究所, 2006. (プロジェクト統括および,小黒一正,石田三成,砂原庸介,橋都由加子,森下昌浩,山崎由希子,工藤裕子,Jean-François Tremblay,三菱UFJリサーチ&コンサルティングと執筆分担)

<論文>
“The Tax System and Labor Supply: Regarding Empirical Analysis in Japan,” The Japanese Economy 36(1), 106-139, 2009.
「公共資本の生産効果: 動学パネルによる再考」『財政研究』5, 119-140, 2009.
“Horizontal Equity or Gatekeeping? Fiscal Effects on Eligibility Assessments for Long-term Care Insurance Programs in Japan,” (with H. Kazama) Asia-Pacific Journal of Accounting and Economics 15(3), 257-276, 2008.
「地方単独事業と交付税措置: 平均処置効果の推定」(石田三成と共著)『財政研究』4, 252-267, 2008.
“Increasing Marginal Costs and Satiation in the Private Provision of Public Goods: Group Size and Optimality Revisited,” (with H. Ohta) International Tax and Public Finance 14(6), 673-683, 2007.
「政府間財政転移制度:理論・比較・現状」(別所俊一郎,岩田由加子と共著)盧中原(編)『財政転移支付和政府間事権財権関係研究』中国財政経済出版社, 42-89, 2007.[中国語]
“Fiscal Decentralization in Japan: Does It Harden the Budget of Local Governments? Comment,” In: Krueger, A. O., Kaizuka, K. (Eds.) Tackling Japan's Fiscal Challenges: Strategies to Cope with High Public Debt and Population Aging (Palgrave MacMillan), 144-152, 2006.
「地方交付税の経済分析: 現状と課題」『経済政策ジャーナル』3(2), 6-24, 2006.
「再分配政策と地方財政」『フィナンシャル・レビュー』(82), 138-161, 2006.
「政府間財政関係の実証分析」(西川雅史と共著)『フィナンシャル・レビュー』(82), 197-222, 2006.
“Economic Studies of Taxation in Japan: The Case of Personal Income Taxes,” (with S. Bessho) Journal of Asian Economics 16(6), 956-972, 2005.
「費用便益分析における再分配と課税」『フィナンシャル・レビュー』(77), 42-65, 2005.
「自治体合併の評価: 経済学の視点から」井堀利宏(編)『公共部門の業績評価』東京大学出版会, 83-105, 2005.
“An Evaluation of the Stabilization Properties of Equalization in Canada,” (with R. Boadway) Canadian Public Policy/Analyse de Politiques 30(1), 91-109, 2004.
「累進所得税と厚生変化: 公的資金の社会的限界費用の試算」(別所俊一郎と共著)『経済分析(内閣府経済社会総合研究所)』(172), 3-36, 2004.
「自治体合併の評価: 地域特性の視点から」土居丈朗(編)『地方分権改革の経済学』日本評論社, 137-155, 2004.
「社会資本と地方公共サービス: 資本化仮説による地域別社会資本水準の評価」『経済分析(内閣府経済社会総合研究所)』(171), 28-46, 2003.
「社会資本の生産効果と同時性」『経済分析(内閣府経済社会総合研究所)』(169), 97-119, 2003.
「公的資金の限界費用」(別所俊一郎,赤井伸郎と共著)『日本経済研究』(47), 1-19, 2003.
「地方自治体の最小効率規模: 地方公共サービスの供給における規模の経済と混雑効果」『フィナンシャル・レビュー』(61), 59-89, 2002.
「租税外部性と租税負担」日本地方財政学会(編)『財政危機と地方債制度(日本地方財政学会研究叢書)』勁草書房, 206-225, 2002.
“An Empirical Analysis of Intergovernmental Tax Interaction: The Case of Business Taxes in Canada,” (with R. Boadway) Canadian Journal of Economics 34(2), 481-503, 2001.
「社会資本の地域間・分野別配分について」(三井清と共著)『社会科学研究(東京大学)』52(4), 3-29, 2001.

<その他依頼論文・論評>
「社会福祉政策と地方分権」『財政研究』5, 107-116, 2009.
「生活保護行政における国と地方の役割分担」『国際文化研修』16(1), 54-57, 2008.
「地方財政と再分配政策」日本地方財政学会(編)『地方財政運営の新機軸(日本地方財政学会研究叢書)』勁草書房, 44-48, 2007.
「地方財政改革と経済分析」『地方財政』45(11), 4-11, 2006.

研究業績(3)
(2000年以前の主要業績)
<論文>
“Country Size and the Voluntary Provision of International Public Goods,” (with R. Boadway) European Journal of Political Economy 15(4), 619-638, 1999.