English
教員名 教員個人ホームページ
阿部 誠  ABE, Makoto 教員個人ページへ
オフィス E-mail
〒113-0033 文京区本郷7-3-1
東京大学大学院経済学研究科
abe at e.u-tokyo.ac.jp
※atを@(半角)に置き換えてください
略歴
昭和 59年 6月  マサチューセッツ工科大学電子工学コンピュータ学部,学士及び修士課程修了
平成 3年 9月  マサチューセッツ工科大学大学院 オペレーションズリサーチ博士課程修了
                          (Ph.D. マサチューセッツ工科大学)
平成 3年 9月  イリノイ大学経営学部助教授
平成 10年 1月  東京大学大学院経済学研究科助教授
平成 16年 4月  同 教授
 
現在の研究分野
マーケティング
 
研究課題と研究経過
 様々なマーケティングの現象を個人レベルのモデルによって分析し,実務に有用なインプリケーションを研究すること。売上やマーケット・シェア等のマクロ的な数値は,個々の消費者の購買行動というミクロ的な現象の集計である。よって,マクロ的統計の分析は描写には有効であるが,本質的な原因と結果を探るにはその根底にある消費者行動のメカニズムから探り出す必要がある。近年の情報技術の発達により,そのような研究の実証に必要な大量の個人レベルの消費者行動データがPOSあるいはインターネットなどから収集されるようになった。実務の世界ではデータは大量にあるのだが,どのように利用すればよいかを模索している段階であり,個人レベルデータの研究の重要性,必要性が非常に高まっている。現在は,そのようなデータを使った個人レベルの購買行動モデル,顧客レベルのパラメータ推定を可能にするベイズ統計手法,そしてその結果を現実の戦略と結びつけるためのマルチエージェント・シミュレーション手法などを中心に研究を進めている。これらの手法から,顧客を単なるブラック・ボックスとしてではなく,個々人の行動自体をより深く理解することによって,CRM(顧客関係管理)やワン・トゥー・ワン・マーケティングのような顧客レベルのマーケティング活動に応用することを目的としている。